セレックによる歯科治療

セレックとはドイツの最新技術を駆使した新しい審美治療です。
日本ではまだ浸透していませんが欧米では一般的な治療です。
私たちの生活には歯は欠かせないものです。
一本の歯を治療する場合、型を取って詰め物や被せ物を制作して再び来院して装着するという、細かい手順が必要でした。
治療には数週間以上かかり、さらにその間に詰め物が取れたり被せ物が合わなかったり違和感を感じることがよくあります。
これらの問題を解決するのがセレックによる歯の治療です。
セレックは3Dカメラを使った加工で型を取る必要がありません。
これにより治療時間は1時間ほどで、その日のうちに治療が完了します。
手順は至ってシンプルで、まず特殊カメラで患者さんの口腔内を撮影します。
それをソフトを使って立体化し、そのデータをもとに材料のセラミックをその場で高速加工して形を忠実に再現します。
出来上がったら被せて治療が完了します。
これにより患者さんの口を長時間開けるストレスが減り、またセラミック素材を使用することで見た目の審美性が高くなります。
色や透明感などは患者さんの好みに合わせて選べ、全体を被せるものから部分的な詰め物まで、違和感のない美しい口もとを手に入れることが出来ます。
従来の金属の詰め物では摩耗度が弱く、日常的に食べたり噛むことで金属との間に隙間が出来ることがありました。
ですがセラミックは強い摩耗度であるため、数年たっても色や形を保つことが可能です。
そして一番安心なのは金属アレルギーがなく、体に優しいことです。
短時間で審美性のある治療を希望している方にはおすすめな治療法です。